遺産相続で揉めるケースが一番多いのは、どのような家庭か あなたの家庭でも起こり得ます

遺産相続で揉めるのはどのような家庭で多いのでしょうか。「うちは揉めるような資産なんてないよ」とよく聞くセリフですが、実はこのようなことをおっしゃるご家庭に揉める可能性があるかもしれません。

目次

相続争いは普通の中流家庭に起こるケースが多い

遺産相続で揉めるケースは、主な財産が居住用住宅とわずかばかりの預貯金しかないという、至って普通の中流家庭で揉めるケースが多いと言われています。家庭裁判所に持ち込まれる相続関係の争いの80%が資産5,000万円以下であるとのデータもあります。ある日突然、それなりの大きな額の財産が目の前に転がり込んでくるわけですから、相続人(あるいは利害関係人)がつい自らの権利を強く主張したくなるのも無理はないとも言えます。

そのような争いを避けるためにも、遺言が必要なのです。

被相続人しか遺産全体を把握できない、きちんと明示しておくべき

遺言を書くには、自分の財産関係をきちんと把握し、財産目録を作成することが欠かせません。遺言と添付される財産目録によって、どのようなものが遺産としてあるのかが明示され、個々の値段もきちんとした根拠に基づきある程度正確にわかれば、相続人間の得した・損したという争いも避けられる可能性が高まります。

全体を見渡せるのは被相続人だけです。具体的に財産を特定し、誰に、何を遺贈するのかを明確にしておかないと、相続分の割合指定をするだけでは不十分であり、相続争いの種を残すことになってしまいます。

必要に応じて財産の値段を専門家に鑑定してもらい、その値付け結果を遺産分配の参考にするのも大切です。また値付けの積算根拠を相続人たちにわかりやすく示しておくと納得を得やすくなるでしょう。

遺言なんて大げさなものを残さなくても自分の家族は大丈夫と思わず、自身亡き後に家族がいつまでも仲良く暮らせるための思いを形にしておくために、遺言を作成することをおすすめします。

目次