自筆証書遺言とは、そのメリットやデメリット、また注意すべきことについて

自筆証書遺言とは、遺言者が、全文、日付、氏名を自書し、押印して作成する遺言です。自筆証書遺言の特徴としては以下のものがあげられます。

目次

メリット

① 自分で書けばよいので費用もかからず気軽にいつでも書ける

② 遺言の存在、遺言内容自体を秘密にできる

デメリット

① 紛失・偽造・変造の危険性がある

② 内容に不備などがあれば無効になる可能性がある

③ 遺言に基づく相続手続きに家庭裁判所の検認手続が必要とされる(遺言保管法による遺言の保管を申請した方を除く)

自書の意味

遺言者の自書が要求されるのは、遺言の偽造・変造を困難にし、遺言内容が遺言者の真意によるものである事を担保するためです。

自筆証書遺言の作成には証人が必要とされないため、遺言者の自書によって遺言者の意思に基づくことを明らかにするのです。

そのため、パソコンやタイプライターなどによって作成したものは無効であり、代筆も認められません。(ただし、遺言書の中の相続財産目録はパソコンでの作成ができるようになりました。)

自書は自筆で筆記する能力(自書能力)を前提とします。ただし、視力の喪失や病気のために手が震えるなどの理由で、運筆に他人の助けを借りても、それだけでは自書能力は否定されないとした判例があります。

しかし、例えば他人が病気により単独で文字を書けない遺言者の手をとって、遺言者の声に従って誘導しつつ作成された遺言に関しては、自書の要件が欠け、その遺言は無効とされたケースもあります。

カーボン複写の方法によって作成された遺言については、判例上有効とされています。(ただし、おすすめはしません。遺言の効力に疑義が出る恐れがあるので普通の紙に書くようにしてください。)

押印について

押印も自書同様、遺言者の同一性及び真意を確認するための手段ですが、使用すべき印章(印鑑)には制限はありません。

そのため、三文判(認印)でも有効です。朱肉を付けないシャチハタも印鑑としてダメということではありませんが、朱肉を付ける印鑑のほうがよいでしょう。

なお、遺言書作成当時に印鑑証明書を市町村役場で取り、遺言書にその印鑑証明書の印鑑(実印)にて押印した遺言書のほうが三文判で押印した遺言書より遺言の証拠力は相対的に高くなりますので、後のトラブル防止のためにも実印の方がより安心できるとも言えます。

日付について

日付の記載が要求されるのは、作成時の遺言能力の有無の確認や内容の抵触する複数の遺言が発見された場合に、どの遺言が遺言者の最終の意思を記載したものであるかを確定するのに必要なためであり、これを欠くと無効となります。

また、日付を確定できるような書き方をする必要があり、「○年○月吉日」などの書き方は、日付を特定できないため無効となる恐れがあります。

目次