便利になっています!令和6年3月1日から戸籍謄本は地元自治体で取得ができます

これまでは本籍地の自治体でしか戸籍謄本等の請求ができませんできしたが、戸籍法の一部改正に伴い、令和6年3月1日から戸籍謄本等の広域交付が始まりました。

これにより、お住まいの自治体窓口にて戸籍謄本等の請求が可能になりました(ちなみに戸籍抄本の請求はできません)。

また戸籍の附票、身分証明書、独身証明書等はこれまで通り本籍地での交付のままです。

目次

広域交付で請求できる人

広域交付を請求できる人は、本人・配偶者・直系尊属・直系卑属です。

よって兄弟姉妹は請求できません。また代理人による請求(行政書士が委任状をもらって請求するなど)も広域交付を利用できません。

広域交付対象証明書および交付手数料について

請求できる証明書と手数料です。

・戸籍謄本 450円

・除籍謄本 750円

・改製原戸籍謄本 750円

※3月1日以降、システムに不具合が継続しているようで広域交付においては当日でなく後日交付となっている自治体が多いようです。急ぎで取り寄せたい時には本籍地の市区町村に請求することも検討された方がよいようです。

目次